太陽光発電システムはとても有名なシステム

太陽光発電システムはとても有名なシステムとなっているのですが、実際はどのようにして発電をしているのかわからない方がいらっしゃいます。
なので簡単ですが太陽光発電システムはどのような仕組みになっているのかを説明したいと思います。

電気を生み出してくれるのが太陽電池モジュールと言われているソーラーパネルになっています。
ソーラーパネルは半導体が光エネルギーを吸収することによって電気エネルギーへと変換をしてくれてそこで初めて電気が生まれるようになっています。
ソーラーパネルは生み出している電気は直流の電気となっているので一般家庭にしようされている電気の交流の電気にしないと使用できない状態となってしまいます。

そこで活躍をしてくれるのがパワーコンディショナーという装置になっているんです。
このパワーコンディショナーという装置は直流の電気を交流に変換をしてくれるという働きもあるのですが、太陽光発電電気と電力会社の電気を使い分ける働きもしてくれるのでとても必要となる装置なんです。
その他にも売電するためのメーターや接続箱などが必要となってしまうのですが、とても必要となっているのがソーラーパネルそしてパワーコンディショナーになっているんです。

太陽光発電システムはとてもいいシステムになっているのですが、しっかりと節電をしていないと設置にかかってしまった費用を取り戻すことは難しくなってしまうので、太陽光発電システムを設置したからといって節電をしないのではなくて、しっかりと節電をしていきましょう。

太陽光発電システムの仕組み

近年、良く耳にする言葉の中に太陽光発電システムというものがあります。
実際、殆どの方が効いた事があるでしょうし、様々な想像をしています。
しかし、実際、この太陽光発電システムの仕組みを正しくしっている方というのは少ないのではないでしょうか。

では一体この太陽光発電システムの仕組みとはどんな物なのか見て行きましょう。
まず、太陽電池という変換器が存在しており、コレが中核となる装置になっています。
この太陽電池というのは、エネルギー源として、太陽光をしっかり吸収していき、電気に変換していくというエネルギーなのです。
そして、この電池の名かにはシリコンで作られた半導体があり、このシリコンが太陽電池にあたることで電気が発生して、半導体へ引き寄せられ電気に変化していくのです。

さて、ここまではいいのですが、太陽電池で作った変換電気はそのままでは家庭用の電気として使用することはできません。
この電気は交流から直流にしていく必要があります。
この作業を行なってくれるそうちがパワーコンディショーと呼ばれるものです。
この装置のおかげで、電気が交流かた直流に変更するのです。

しかも、この太陽光発電システムの一番の素晴らしい部分ですが、何と、使い切れずに余った電気を電力会社に販売することが出来るので、その分省エネに対する意識も上がるのです。
足りなければ電力会社から買うだけなので楽ですよ。

九州電力 太陽光発電
九州電力 太陽光発電

新着情報

◆2013/10/18
太陽光発電システムはとても有名なシステムの情報を更新しました。
◆2013/10/18
運営事務局を新規投稿しました。
◆2013/10/18
お問い合わせを新規投稿しました。
◆2013/10/18
サイトマップを新規投稿しました。
◆2012/10/18
環境のことの情報を更新しました。